Posted by at

2015年09月01日

細數著凋零的花瓣

慌亂的世界裏,依舊年年花開花落,日日雲卷雲舒,時光的洪流湮沒曆史的塵埃。靜水流深的歲月,遠處遺存的風景,是否記得眼角流逝的匆匆過客。不應忘,誰在西風中捧著美酒,問君此去何時歸;誰牽了瘦馬在寒山古道外,回應:斷腸人在天涯;誰說要行到水窮之處,坐看風起雲湧;誰又笑細雨無牽掛,隨風行到高山深處便可為家?

輕輕踩著夏的惆悵,聆聽著花開的聲響,芊芊芳草心,在優美的韻律裏感受生命的吟唱。碎語翩飛,在溫潤歲月的長河裏靜靜的流淌。總是在這般旖旎的文字織就的恍惚裏,看到宛如纖美無塵的清麗女子,靜然而立,滿腹柔情,皆寄情於心情短語。盼著有一天,知心的人能讀懂一腔心事,心若釋然,能否不再暗自惆悵。茫茫人海中,又能與誰相擁?

回望故土,陌上花開,流年靜默。倒數年華錯落的日子,揚起嘴角久違的微笑。彈著一個人的曲子,觀者一個人的風景,靜靜的紅塵,穿越千年的韻律飛揚著彼岸幽夢,旖旎的花影是亂了方寸的心動。遙指花落的那些美好,把夏風中的期盼,冰清成冬日的情懷。把記憶中的殘影,沉澱於蔚藍的天空,牽起一片閑雲,輕輕抹去生活的黯然,默然守著一份如花的相思,悄然無聲。

這一生,花開花落,緣起緣滅,箋上素言心依舊,只怕今生已惘然。紅塵中的寂寞女子,沒有誰可以同行一生。君只是愛情裏的過客,而歲月,才是無法拋卻的戀人。歲月慢慢的流走,花落在指尖留下淡淡的餘香,經久不散。心情,在那一刻終釋然。把季節連同往事一並藏於掌心間,攤開看蔥鬱歲月,一路溫暖。  


Posted by baishjuy at 17:39Comments(0)

2014年01月18日

秋天富有內涵



秋韻之美,美在這份透視成熟與收穫的內斂與沉靜。

秋水秋月是秋韻的基調。秋水是秋的眼睛,深邃而明澈。“點秋江,白鷺沙鷗”,就畫出了這份明澈。“落霞與孤鶩齊飛,秋水共長天一色”則道出了秋水藍天的寥廓、深邃與靜美。今夜清輝下,有人明眸似秋,眼送秋波,誰為伊人,望穿秋水?

秋夜的月色,明澈透著靜謐,堪與春花媲美。明月皎DR Max 教材皎重晚情,風笛吹韻別有心。春花秋月最銷魂,玉兔下凡妄偷心。而每當中秋佳節來臨之際,吟詩賞月話團圓,千裏共嬋娟,更是千百年來人們津津樂道、百聽不厭的話題。

秋風是秋韻的起音。芙蓉露下落,楊柳月中疏。

秋高氣爽,天高雲淡,抬頭看天,天空格外明淨。就連DR Max 教材濃霧也只在早晨的視線裏作短暫的逗留。秋霧太陽夏霧雨,到了上午,必定又是豔陽朗照,萬裏澄明。是秋風將雲霧吹得無影也無蹤,送來秋的氣息,宣告秋天已然來臨。“櫚庭多落葉,慨然知已秋”秋天的風不帶一點修飾,是最純淨的風。那麼爽利的輕輕穿過園林掠過樹梢,對蕭蕭落葉無所眷顧。“秋風起兮白雲飛,草木搖落兮雁南歸。”就是最好的寫照,一葉知秋啊。只不過,莫聽穿林打葉聲,何妨吟嘯且徐行。懷一腔浪漫情愫,閑雲野鶴般悄悄移步詩畫裏,問訊那片幽寂,品嘗秋林之空靜。攜伴秋遊,週末放行身心,不失為一DR Max 教材個好主意!怡情養性,體悟秋的本質要義和精神,你必定會收穫多多,感慨萬千。
  


Posted by baishjuy at 11:07Comments(0)千里目

2014年01月18日

ワンズのデザート事情








カメラで撮ろうとすると、自動に焦点を合わす音に気がついてしまい、起きてカメラ目線をくれますが、飼い主はその今にも眠りに落ちそうなところを撮りたいので、そのままじっと待っていたら、ふたたび居眠りを始めてくれました。手前の毛は凛太郎の耳毛です。

まわりが散らかっているのは見なかったことにしておいていただけると・・・( ̄▽ ̄;

生協のカタログやスリッパや・・・。

今日はTVで「ゲド戦記」をじっくり見ていました。
ワンズは母ちゃんがTV鑑賞をする位置が好きなようです。もちろん蓄熱暖房機の傍です。
凛太郎は股犬になり、ハクはアゴ乗せ。
そんな姿勢しんどいやろと思っていると、そのうちコテッと横になります。


普段は椅子に座っている時間が多いので、ハクは太ももに顎を乗せにやってきますが、凛太郎は届きませんので「フンフンフンフン=抱っこしなさい」命令がきます。

無視をしていると諦める日もあれば、いつまでも根比べ状態の時もあります。根比べになると負けます^^;

食事中は2匹とも、何か貰えないか、何か落ちてこないかと母ちゃんの傍から離れません。面白いことに夕飯時だけです。

朝ごはん、昼ごはんの時は全くベタベタしてこない、夕飯の時だけという犬の方で決めたパターンのようです。  


Posted by baishjuy at 11:07Comments(0)生活纪实